かずはしがり屋 〜かずはしともブログ〜

すきま漫画家の日常とお仕事情報です。

12月26日に今年最後のプロットを終えてから、事務仕事を片付けて、睡眠不足気味で友人のお墓詣りに片道2時間の列車に乗る。命日は夏だけれど今年は仕事が忙しくて行きそびれてたから。
 

駅からさらに1時間に1〜2本のバスに乗り、霊園入口から10分ほど歩いた場所に友人は眠っている。もう13回目なので、迷うことなくたどり着いた(のは2回目)。

草むしりして水をかけ、お花を供え、お線香をあげる。
が、この日関東は強風。
火を点けようとしてマッチを擦っても、すぐに消えてなかなか線香に移らない。あっという間にマッチ一箱、ライターのガスも消費して、さあ困った。
このままここにお線香置いて帰っちゃダメ?ダメよね。


「お客様のなかに火をお持ちの方はいらっしゃいますか…?」
しかしだだっ広い、暮れの押し迫った霊園には人っ子ひとり見あたらない。
よそのお墓の前にマッチないかな…そりゃ墓場泥棒か。


風は強いが雲1つなく天気は快晴。
虫眼鏡でもあれば、櫓に組んだ燃えさしのマッチの軸に火を点けられるかも…とか他人様のお墓の前でサバイバル豆知識を脳から総動員。
カバンの中を探っていたら紙切れを一枚発見。ライターの残り少ないガスで5ミリほどの炎で祈るように点火。
ああ、暖かい…
暮れだけに気分はマッチ売りの少女。

ピラピラしたチャラい炎が上がり、この機を逃すかと線香の束をかざす。

炎はすぐ消えた。うおおおおおお、ジーザス…!(仏教のお墓です)


しかし一筋の煙と香りが立ちのぼった。
熾火のごとく深緑の棒が光っている。
つつつつつつ、点いた!


風に燃えさしの黒い紙片が舞って飛んでいくが、まわりは石だらけなのでまあいいや。
墓前に辿り着いてから1時間が経っていた。
一生墓場から帰れないかと思った…。


帰路またバスに乗り列車に乗ったら、強風の影響で電車止まってた。
ホトケさま…(T . T)


おまけに寝不足でぼーっとして電車乗り間違えた…。
ホームで外国人の少女に「マイハマ、マイハマ⁉︎」と声をかけられる。
ごめん、東京の東側の乗り換え、あいどんのー。
 

自宅に帰り着いて夕飯食べたら寝落ちして、気づいたら真夜中でした…。
明日は大掃除、と言いたいところですが、今年最後のプロットは終わったが今年最後のネームは残ってます…
コミケには無料配布のペーパーを持って行きます。(12/30(月)西C49a)
現在進行形の商業誌や来年の新しい仕事のことや、近況や描く予定。

みなさま、どうぞ良いお年を。
IMG_2357
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今の部屋に引っ越してきて15年。

うちには「開かずの間」がある。
15年のうち後半10年は詰まった物でドアが半分しか開かない物置と化した、自室になる予定だった部屋。

当初はベッドを置いて、テレビを置いて…とか思っていたけどそのために買ったソファベッドは今リビングに移動してソファの人生を送り、もはや自分がベッドに変身できることを忘れている。

ちょうどその頃仕事が忙しく、年間700ページくらい描いていた。
なので、アシスタントさんが寝る部屋と仕事部屋であるリビングが稼働してればいいや、とアシさんが来る時は開かずの間に邪魔な物を放り込んでやり過ごしてきたのだ。
自分が眠る時は無●良品の人をダメにするクッションのでっかいのをその辺に置いて寝てた。
家庭内ホームレス。


でも、仕事のデジタル化でアシさんを家に呼ばなくなって5年。
人生の残り時間を考えると、もしかしたらここにこれから住める時間もあと15年はないかもしれない。
そりゃ勿体ないじゃん…!と、他人様より10倍くらい遅く気がついて、プロの「整理収納アドバイザー」の資格を持つ漫画家、オタクのためのオタかづけを提唱する阿部川キネコさんに作業&レクチャーに来て頂いた。
一緒にコツを覚えたいという漫画家友人1名も駆けつけて手伝ってくれた。


キネコ師匠提供の簡単なチェックリストに大事な物やこだわることなどを記入して、作業スタート。
開かずの間で引っ越し以来15年開けてない箱や袋を開けるのは師匠と友人、私は隣室で次々に運ばれてくる物たちを要不要に分別する。
‪ときどき隣から聞こえてくる感嘆の声?にドキドキしながら。
でもオタかづけだから、理解ありあり、エロゲー出て来てもツッコミ無しw秘密も厳守w。‬


この詳しい模様はキネコ師匠がブログに書くか漫画化してくれると思いますので、乞うご期待。
私もどこかで描かせてもらおうかな?キネコさんと双方向漫画(笑)。

7時間の滞在時間からお昼ご飯とお茶休憩を差し引いて、実作業はたったの6時間でしたが、凄い。
床が見えなかった、物だらけの部屋…(汚部屋とは言っているが、食品や水分のあるものや植物とかの有機物も基本置かないのでカビはない。ホコリだけである。うちの冬の乾燥度はゴビ砂漠と同じなのだ)…は見事に片付いた。
10年ぶりにベランダへのドアが開き、風が吹き抜けた。角の忘れられた出窓が見えた。


半分くらいの量になった荷物はまだ室内に残っているが、物たちの立場がはっきりして、時間内に出来なかった私の再分別と、次の置き場に行くことを待ってスタンバってる状態だ。

今までこうだった原因もコツも教えてもらったが、それはおいおい漫画で描きましょう。


師匠と友人を迎えるにあたり、当日まで家の他の部分を徹夜で掃除して全身筋肉痛だが、今日は「開かずだった間」に掃除機をかけて、布団を敷いて寝よう、そうしよう。
IMG_1839

阿部川キネコさんのオタかづけブログはこちら↓
オタクのための片付け術☆オタかづけブログ
https://ameblo.jp/otakaduke

ちなみに漫画家は18000円/日のところ12000に割引だそうです。
漫画家でなくてもブログ掲載可のかたは割引ありですと! 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

日々食べたもののレシピを気まぐれにTwitterに140文字内で書いておりますが、思いの外人気の大根餅もどきのレシピです。手巻き寿司用に買ったお刺身についてた刺身のつまがたんまりあって、サラダ以外に消費方法は?とTLで問いかけたら友人たちに「なます」と「大根餅」との案をもらい、適当に作りました。なので「もどき」。
twitterより少し詳しい目分量。

【材料】直径7cm8個くらい
お刺身のつまの大根…適量(ひとつかみくらい)
ツナ缶…フレーク状の小さい缶(70gくらいの)1缶
長ねぎのみじん切り…好きなだけ
揚げ玉(天かす)…好きなだけ
すりごま…適当
薄力粉…50g(軽く手のひら1杯くらい)
片栗粉…小麦粉と同量
塩…適量
サラダ油…適当
D5c8HVyWsAYlt6Z
【作り方】
①刺身のつまを水洗いして、塩をぱらっと振ってチンする。
②小麦粉と片栗粉を合わせて泡立て器などでよく混ぜ、ツナ缶、長ねぎ、すりごま、揚げ玉、塩を入れてよく混ぜる。
③つまが少し冷めたら適当に包丁で刻み、②に入れる。少しずつ水を入れてかき回し、適当な硬さに。ゆるめで大丈夫。
④サラダ油をひいたフライパンを弱めの中火に熱して、大さじ山盛り1杯くらいの③を入れて直径7cm、厚さ1㎝くらいにして両面こんがり焼く。

※きっと戻した中華の干しエビとか干し桜海老とか入れたら本物に近づく。
※個人的には紅ショウガをみじん切りにして少しだけ混ぜたい。
※お金のある人はツナ缶じゃなくホタテ水煮缶にすると美味しいはず。
※残りのつまは塩振って水気しぼってからカンタン酢に漬け込んでなますにしました。

塩味がついてますが、ポン酢醤油やラー油を落とした酢醤油、 マヨネーズつけても美味しいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ