かずはしがり屋 〜かずはしともブログ〜

すきま漫画家の日常とお仕事情報です。

カテゴリ:日々のあれこれ > 雑談

2019年秋に整理収納アドバイザー資格保有の漫画家・阿部川キネコさまを招いて「オタかづけ」に取りかかった(→去年の11月の記事)ものの、仕事で中断していた我が「あかずの間」退治。

通常は仕事の合間には高齢母の家にフォローに行っていたので、あまり時間も取れなかったんだけれど、自粛要請が出ている今は都内から出るわけにも行かず。
ここで進めましょう、一歩ずつ。

昨年暮れから1月頭の1ヶ月間、自炊機器レンタルのスキャレン(http://www.scaren.com/ )で機材を借りて仕事の合間に少しずつ本をさばいておいた。
少しと言っても写真の5倍くらい。
IMG_2494IMG_2532
レンタルするのはこれで3度目。の、はず。
買った方が良いという向きもあるかもしれないが、実は自分で購入するとなるとページスキャナのScanSnap本体よりも、意外に裁断機が高いのだ。
ScanSnapはオークション等で比較的安く入手出来るが、大型裁断機は中古でも高い。
それなら、整備の出来てるScanSnapと大型裁断機、それを短期間ではなく30日レンタルするのが楽だと思うのだ。
なにしろ大型裁断機、重いしでっかいし刃が危ないし、家に常に置いておくには邪魔すぎる。

前回レンタルした時と裁断機の機種が変わって、厚みのある本でもズレが少なくなったと思う。
(いや、私の腕前が上がったのかもしれない?)IMG_2523
IMG_2524
送られてくるパッケージにはホチキスの針外し器、スキャナのヘッドの清掃セットも同梱。
返す時は元通り収めて、入っていた伝票を箱に貼って送り返すだけ(送料はレンタル料金に込み)。
ズボラな私向き。
(↓詰め方がわからなくならないよう、箱から出す前に写真を撮っておく)
 IMG_2364

何百冊もの本(A5判・カラー・解像度200〜300dpi・500P前後)は、外付けのポータブル1TB HDに収まって、まだスカスカである。jpgで保存してあるがPDF化も簡単。

さらば大型スキャンセット。いつか本が溜まる日が来たらまた会おう。
あんまり溜め込みたくないけど。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今の部屋に引っ越してきて15年。

うちには「開かずの間」がある。
15年のうち後半10年は詰まった物でドアが半分しか開かない物置と化した、自室になる予定だった部屋。

当初はベッドを置いて、テレビを置いて…とか思っていたけどそのために買ったソファベッドは今リビングに移動してソファの人生を送り、もはや自分がベッドに変身できることを忘れている。

ちょうどその頃仕事が忙しく、年間700ページくらい描いていた。
なので、アシスタントさんが寝る部屋と仕事部屋であるリビングが稼働してればいいや、とアシさんが来る時は開かずの間に邪魔な物を放り込んでやり過ごしてきたのだ。
自分が眠る時は無●良品の人をダメにするクッションのでっかいのをその辺に置いて寝てた。
家庭内ホームレス。


でも、仕事のデジタル化でアシさんを家に呼ばなくなって5年。
人生の残り時間を考えると、もしかしたらここにこれから住める時間もあと15年はないかもしれない。
そりゃ勿体ないじゃん…!と、他人様より10倍くらい遅く気がついて、プロの「整理収納アドバイザー」の資格を持つ漫画家、オタクのためのオタかづけを提唱する阿部川キネコさんに作業&レクチャーに来て頂いた。
一緒にコツを覚えたいという漫画家友人1名も駆けつけて手伝ってくれた。


キネコ師匠提供の簡単なチェックリストに大事な物やこだわることなどを記入して、作業スタート。
開かずの間で引っ越し以来15年開けてない箱や袋を開けるのは師匠と友人、私は隣室で次々に運ばれてくる物たちを要不要に分別する。
‪ときどき隣から聞こえてくる感嘆の声?にドキドキしながら。
でもオタかづけだから、理解ありあり、エロゲー出て来てもツッコミ無しw秘密も厳守w。‬


この詳しい模様はキネコ師匠がブログに書くか漫画化してくれると思いますので、乞うご期待。
私もどこかで描かせてもらおうかな?キネコさんと双方向漫画(笑)。

7時間の滞在時間からお昼ご飯とお茶休憩を差し引いて、実作業はたったの6時間でしたが、凄い。
床が見えなかった、物だらけの部屋…(汚部屋とは言っているが、食品や水分のあるものや植物とかの有機物も基本置かないのでカビはない。ホコリだけである。うちの冬の乾燥度はゴビ砂漠と同じなのだ)…は見事に片付いた。
10年ぶりにベランダへのドアが開き、風が吹き抜けた。角の忘れられた出窓が見えた。


半分くらいの量になった荷物はまだ室内に残っているが、物たちの立場がはっきりして、時間内に出来なかった私の再分別と、次の置き場に行くことを待ってスタンバってる状態だ。

今までこうだった原因もコツも教えてもらったが、それはおいおい漫画で描きましょう。


師匠と友人を迎えるにあたり、当日まで家の他の部分を徹夜で掃除して全身筋肉痛だが、今日は「開かずだった間」に掃除機をかけて、布団を敷いて寝よう、そうしよう。
IMG_1839

阿部川キネコさんのオタかづけブログはこちら↓
オタクのための片付け術☆オタかづけブログ
https://ameblo.jp/otakaduke

ちなみに漫画家は18000円/日のところ12000に割引だそうです。
漫画家でなくてもブログ掲載可のかたは割引ありですと! 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

kaz_nenga2019
本年も宜しくお願いいたしますっ!!
…デジタルお絵描きは拡大出来るからいけねえ… 

こうしてみると、平成はおかっぱで始まりおかっぱで終わるのですね…? 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

続・液晶タブレットの画面に貼るシートのお話。

【これまでのおはなし】
高価な専用シートでは無く、計り売りで買った剥離式裏フィルム付き塩化ビニルシートが気に入っていた私は、店頭で捜し回った挙げ句同じ商品を見つけられず、結局家の片隅で前回のシートの切れ端を発見したのだった…(画像)

01IMG_9052
 
メーカーは明和グラビア。
さっそくサイトを探して上記の画像を添付して問い合わせをしてみたら、速攻でお返事有り。
この注意書きは「窓飾りシート」に共通の物なのでこれだけでは商品は特定できないが、UVカット効果のある透明シート、GLV-9200Rではないかということ(以前買った時はUV云々の謳い文句は見た覚えがないので、あとから付いた機能か)。
そして近くで入手できる店舗を教えてくださった。
が、GLV-9200Rは「R」が付いてるだけあって15Mロール売り(^_^;)
業者と思われたかな?

結局ネットで調べて、カットしてパッケージ売りのGLV-9200(92×90cm)、GLV-4600CP(46×90cm)があったのでこちらを購入。
02IMG_9242
うちの液晶タブレットCintiq21UXだとGLV-4600でちょうど2面取れて、稼働している2台共に貼れる。
 貼り方は、ホコリを綺麗に取った画面にさっと霧吹きで水を吹いて、剥離フィルムを剥がしたビニルシートを圧着させるだけ。粘着剤などはついていない。気泡が入ったら何度でも貼り直しOK。
 03IMG_9245
こんな感じですが、使っているうちに気泡はなくなります。
精密機械だしあんまり水かけるのも憚られるので。
電源入れればこのままでもムラもほぼ見えなくなり、使うのに差し支えはありません。

 1台分約 ¥390(送料別) で済んだのでした。きっとホムセンでもっと安く売ってるであろう。
これで、タブペンは普通芯でOKさ。 
(推奨シートではないのでお使いのかたは自己責任でどうぞ!)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

液晶タブレットに貼ってある保護シートが傷だらけになって、IMG_9039
仕事に支障をきたしてきたので、貼り替えることにした。

私が使っているのは高価な液タブ専用のものではなく、塩化ビニールの薄いもの。
ロールから10㎝いくらでカット売りしているやつだ。
これに液タブの標準ペン先で描くと、手に優しい弾力と滑りすぎない摩擦があって私にはちょうどいい。
おまけにこのシート、普通のテーブル掛けに使うような塩ビシートと少し違って、それ自身が画面に吸着して固定し、空気が入らずシワにならない。貼り直しも簡単。
以前は普通のカット売り塩ビシートを引っ張ってガムテで貼り付けていたので、このへんがとても気に入っていた。

ところが。
買ったはずの店に行っても全く見当たらない。
ハンズと記憶していたのだが、ユザワヤだったっけ?
「吸着タイプなんですけど…」
「知りませんねえ」
使っていた物を剥がして持ち込んだが、それだけではただの傷だらけの透明ビニールシートとしか見えない。 
買った時は裏紙がついていたか、拭けば取れる印刷だったか、目盛りと使用上の注意が書いてあったのは憶えてる。 が、そう言っても手がかりにはならなかった。
「当店では過去にもそういう商品は扱ったこと無いと思います」
そんなばかな。

夢だったのか、記憶違いか。…記憶力は、声を大にして言えるくらい自信ない。

SNSで情報を求め、心あるかたからペット用の傷防止シートでは無いかとの情報も頂くが、その手の品は量り売りではなくパッキングされていて現物を見られない。
ネットで検索した限りでは、用途の性質上、ある程度厚みはあるものか?
試してみるには1000円以上とお安くない。う〜む。

すぐに次の仕事が迫っている。
6軒ほど大手のDIY道具や素材を扱う店を回って、唯一注意書きを印刷されていた静電気防止・貼り付き防止機能付きのカット売り塩化ビニルシート厚さ0.18mm(写真)と、
IMG_9041
画材店でビニールじゃなくPETっぽい感触の弱粘着シートを購入。
 
実際に貼り付けてみるが、前者は私の筆圧が強いのかストロークが速いのか、ペン先にビニールのシワが溜まってひっかかる。液タブのガラス面への密着が足りないのだ。
逆に後者は糊が強過ぎて綺麗に貼れず気泡が入る。厚みも摩擦も足りない。

きっと私の記憶が間違ってるんだ。
前者が前回と同じ物で、経年のために貼り付いちゃったのよ。
…と答えを出して、仕事に掛かろうと棚の書類を動かした時。
間から出てきました。

前回貼った時のシートの切れ端!
 IMG_9048
夢じゃなかった…!
ネットで検索しても現物(クリアタイプ)には突き当たりませんでしたが、シリーズの商品はたくさんありましたんで、メーカーさんに問い合わせてみようと思います。
写真に落ちているワイアール星人みたいな影は私です。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ