かずはしがり屋 〜かずはしともブログ〜

すきま漫画家の日常とお仕事情報です。

カテゴリ: 仕事情報・告知

isekai_01
こちらが先でした。この夏に描いたもう1本。
8/3発売、月刊フォアミセス 8月号(秋田書店)。

2年続いたシリーズ「ブラック・オペレーション」がこの4月に終わりまして、新しいシリーズ物を…と準備をしていたのですが、取材する段になってCOVID-19騒ぎになってしまいまして。
取材先の方にお会いすることが出来なくなってしまいました。
 
今は読み切りにしましょうか、ということで描かせて頂いたのがこれ。
ちょっと遅れ気味ですが「異世界物」に便乗。
お読みになって頂けるとわかりますが、ほぼ出オチです(^_^;)
「チャレンジャーですね…」 
と言いつつこのネタを通してくださった担当さんと編集部に感謝。
 isekai_02

読み返すといまいち吹っ切りが足りなかったのですが、雑誌のアンケートを送って頂けると首がつながります(^_^;)←すごく不安

「ブラック・オペレーション」はこの秋刊行目指して電子コミックス進行中です。
全3巻。各巻にシリーズ開始のウラ話など、描き下ろしあとがき製作中です! 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

03
あっというまに夏も終盤ですと?
6〜7月はCOVID-19自粛と言うよりも、2本描いていて実質引きこもりでした。
その2本め。
WEB雑誌「ホラーシルキー Vol.5」(白泉社e.net!) の童話ホラーシリーズ
「ジャックは豆の木の下で」掲載です。
よみきり1本税抜だと100円という明朗会計。1冊だと7本+ショートコミック入って400円とお買い得。
8/19各電子書店で発売中。

Vol.1の赤ずきんモノ、 Vol.3の人魚姫モノはかつて雑誌「まんがグリム童話」(ぶんか社)で何度か描いたネタなのですが(というか有名な童話はだいたい翻案したのですが)「ジャックと豆の木」モノは初めてです。
なぜかと申しますと、レディスコミック誌だからか男性主人公はあまり歓迎されなかったので。
なんででしょ。女性読者って別に女性が主人公じゃなくても、どうでもいいと思うんですよ。 
少なくとも私はそうです。
 
それはさておき、「ジャックは豆の木の下で」。
デザイナーさんから頂いた表紙レイアウトを見てかっこよくて感激しました。
「是非これでお願いします」とお返事して1週間後。
「考えたんですが、ホラーにしてはPOPなので直しました」と編集氏づてに修正案をもう一度送ってくださいました。
こちらもかっこいい!
何より、長いこと自分の漫画の扉絵を気にかけて頂いていたのが嬉しい。
前の案と迷った末に、新しい方でお願いしました。
ありがとうありがとう…!

ネット配信Onlyのカラーページ(RGB)は紙に印刷(CMYK)する時と発色の仕方が違うので、それを利用したギューンとくる色を考慮してくださってます。 
思わず並べちゃう。 
010203小

ついでに、このシリーズの扉は自分が今まで表紙絵で苦手だった、あることを克服しようと頑張っております。
ヒントは過去の扉絵たちだ。ふっふっふ。 

隔号登場でしたが、10月半ば発売のVol.6にも登場予定です。
ネタは…過去にも2回くらい描いたメジャー童話です。アプローチは全然変えますので、お楽しみに!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ひとつ前のブログにも書きましたが、去年の秋からずうっと漫画を描いてました。
今年になってからは149P。
フルデジタルにしてからは1人仕事なのでなかなかの引きこもりでした。

そのうちの1本、ホラーシルキー(白泉社の新しいWEB雑誌)掲載の「人魚姫のひみつ」。
4月15日に発売になりました。

憶えてらっしゃいますでしょうか、20世紀が終わる頃の、ぶ厚いホラー漫画雑誌ブーム。
基本的に女性読者対象で、講談社のサスペンス&ホラーをはじめ、ハロウィン、ホラーM、サスペリア、ホラーハウス…あの系統、今、一冊もないんですよ。

現在残っているのは「ほんとうにあった怖い話」的な、読者体験の怪異をコミカライズした雑誌。
創作のホラー漫画って描く舞台がなくなってしまった(男性向けの創作ホラー漫画は専門雑誌はないにせよあるんですよね)。

そんな感じの物をもういちど、今ならWEBで出来ないか?
そんな試みが「ホラーシルキー」。2019年11月に創刊号が出て、いま3冊目が絶賛発売中!
(って、電子だからバックナンバーもちゃんと発売中です!)
Vol.1とVol.3に私も執筆いたしました。
「あかずきんの森」と「人魚姫のひみつ」。
10年ほど前までよく手がけていた、童話アレンジの物語です。
昨年の12月にネームを作り、今年の3月に原稿を完成させました。


読んで下さったかたはお気づきかと思いますが…タイミング的にいろいろと編集氏と相談しまして。
「黒死病(ペスト)」のワードを控え、架空の病「黒毒病」にさせて頂きました。
いつかこの災禍が過ぎて、戻せる平和な日が来ますように…!

51Pよみきり110円(税込)です(^-^)/

amazon
Renta!
 スクリーンショット 2020-04-11 17.45.11スクリーンショット 2020-04-02 9.28.51

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨年秋からめちゃくちゃ仕事をしていて、ブログネタも溜まっていましたが、フレッシュなところから。

オリンピックで5月に移動した上に、COVID-19禍で中止になってしまったコミックマーケット。
SNSで#エアコミケのタグでやりましょうとの準備会の呼びかけに応えて、リモートサークルスペースを作ってみた。
創作ホラー漫画を描くプロの自主制作誌サークル「ホラーグルメ制作委員会」 。

3日前の思いつきなのでイージーだけど、自宅のテーブルに「いつもの布」を敷き、本を並べ、後ろにあり合わせのポスターをぺたり。
そして、他のメンバー有志とリモート飲み会ページサイト「たくのむ」にアクセス、URLをtwitterとサークルブログに公開で貼り付け。
「たくのむ」は登録やアプリのインストールが不要なので、誰でも抵抗なく立ち寄れる、はず。
念のため、顔出し声出しNGのかたはカメラやマイクの設定を切れば大丈夫、チャットもありますとアナウンス。z●●mと違ってログは取れないので、それも安心。
自宅のもう一台のPCから画面共有で販売物の宣伝も説明静止画像も展示。
電子書籍は各サイトで売ってます(5/5現在無料)↓ 
https://www.sukima.me/book/title/BT0000558999/

そして、リアルタイムでメンバーが自分の家から売り子でスタンバイ。
ライブドローイングなども計画。
アドリブ上等。
失敗してもご愛敬!

リアルコミケと同じく、開催の10時にオープン、16時に撤収しました。
結果、個々の回線の都合で音が切れたり、映像がガタったりしたくらいでライブドローイングは難しかったけれど他には大きなトラブルも無く。
しかし、午前中は閑古鳥。仲間はリアタイでお絵描き、PCが2台とも配信でふさがっている私は、壁(窓だが)の前の売り子椅子にカオナシの如くぼーっと座っていた。
あ、もしかして壁サークルじゃん、きょう!!

うーん、訪問する側にはハードル高かった?
たくのむ、こういうのに使えると思ったんだけどな。
まあ、思いつきがマイナーなのは今に始まったことじゃないし。
慣れてるもん。そういう人生だったもん(笑)。

けれど待つうち、午後からぼちぼちとお客様が。
創作サークルの我々は、よく考えたらリアルイベントでもこんな感じだっけ。
のんびりお話もリアルと同じ(笑)。

COVID-19自粛で人とそうそう話も出来なくなって1ヶ月。 
久しぶりにたくさん(当社比)のかたとお話出来て楽しかったです。
訪れて下さった方々、本当にありがとうございました。
 
中継で納豆ごはん 食べてすみません(^_^;) 
EXIs-4WU8AATNp0
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スクリーンショット 2018-09-04 16.50.33
お待たせしました。というか、私が待ってました(笑)。
紙の本では2013年発売のまんがグリム文庫「花いちもんめ〜遊女哀歌〜」の電子書籍が9/3から配信開始いたしました(7月からシーモアさんで先行独占配信していたそうですが、そちらは知らなかった…)。

紙本と表紙デザインが変わりまして、もともとの「花いちもんめ」の扉絵です。
今回はコメディ:シリアス比は1:4。
Renta!
https://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/162505/
kindle
https://www.amazon.co.jp/dp/B07FVHX9TZ

【内容紹介】 

●花いちもんめ
 おなじみのわらべ唄がテーマです。
2009年、「オズの魔法使い」の最終回の翌月号に描いたもの。
筆ペンと黒さで前月までと気持ちも入れ替えました。
花いちもんめ

●イザベルとつぐみの王子
グリム童話「つぐみの髭の王様」が原案。 今回の唯一のコメディです。
イザベルとつぐみの王子

 ●卑弥呼
卑弥呼の跡継ぎと言われるトヨのお話。 クリーチャー描くの好きです。
卑弥呼2

●オリバー・ツイストが来た日
ディケンズの「オリバー・ツイスト」を、彼を迎えたスラム側からの視点で描きました。
 オリバー・ツイストが来た日

●四谷怪談
言わずと知れた怪談。こちらも化け物ばなしです。 
四谷怪談
 
電子出版元がこれまでのグリム文庫と変わりましたので、料金設定も変わりました。
これは各社で違い、著者には決められないので大変申し訳ありません。 
でも今までに無いよみきり1話ずつの購入パターンもありますので…!

また、これからも「ハーメルンの笛吹き男」ほか、文庫になっていない童話ものを電子コミックス形式で配信していきますので、どうぞ宜しくお願いいたしますね! 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ